本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

2013年第2四半期クロスプラットフォームレポート。オンデマンド視聴

1分で読めるシリーズ|2013年9月

DVRは米国の50%の家庭に普及し、消費者のビデオ視聴方法を変えることに貢献しましたが、消費者が自分の好きな時間に視聴できる方法はDVRだけではありません。ビデオ・オン・デマンド(VOD)の普及により、ハードウェアを追加しない家庭でも、自分の好きな時間に好きなように視聴することができるようになったのです。

ニールセンについて Nielsen の 2013 年第 2 四半期クロスプラットフォームレポートによると、セットトップボックスによる VOD は、2008 年の 37 パーセントから、米国の 60 パーセントの世帯で見られるようになりました。この技術は10年以上前から利用可能ですが、常に需要があったわけではありません。消費者は当初、インターフェイスが使いにくいと感じ、番組配給会社は、視聴者が測定できない、つまり収益化できる範囲外のコンテンツ配信に慎重だった。このような問題から、消費者にとってのVODの選択肢は、古い番組や過去のシーズンの番組に限られることが多かったのです。

しかし、この 1 年で、ネットワークは、最近放映されたコンテンツや現在のシーズンの複数のエピソードを含む、より新しいコンテンツを利用できるようにする取り組みを強化しています。また、VODへのアクセスも以前よりずっと使いやすくなっています。