本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディ最適化でブランド認知度を最大化

1分で読めるシリーズ|2020年4月

ニールセンの最新2019年年次マーケティングレポートでは、テレビなどの従来型メディアへの予算配分の価値をマーケターに証明することは容易かもしれないが、重要なデジタルマーケティングの決定は、検証されていない仮定や信念に基づいていることが多いことが強調されている。オンライン広告費がダイナミックな成長を続ける中、広告主はパブリッシャーやプラットフォームと信頼できる透明な関係を築き、オンラインキャンペーンの効果や投資に関する明確なインサイトを確保することが重要である。

ポーランドのBrainlyは、オンライン教育プラットフォームのパブリッシャーで、毎月1億5000万人以上の生徒、親、教師が集まり、知識を共有し、学習上の問題を解決しています。広告主のクライアントをクリエイティブなソリューションでサポートするだけでなく、Brainlyは、クライアントのプラットフォームへの広告投資を最大化し、正当化する方法に関心を持っていました。

Brainlyは、CPGクライアントのマーケティング目標に対するキャンペーンの効果測定と証明のために、Nielsen Digital Brand Effectを選択しました。認知度向上のための動画広告の効果をモニタリングすることで、Brainlyは重要な最適化の提案を行い、クライアントのコスト削減に貢献することができました。

ja