本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセンがIABオーストラリアのデジタル視聴者測定入札を落札

3分で読めるシリーズ|2014年10月

ニールセン、IABオーストラリアの新しいデジタル計測の青写真を提供

ニューヨーク - 2014年10月13日 - ニールセンは、インタラクティブ広告協会(IABオーストラリア)から、オーストラリアでデジタル視聴者のプランニング 、購入と報告に使用されるデジタル測定通貨の優先サプライヤーに選ばれました。ニールセンは現在、優先サプライヤーであり、今回の選定により、この既存の関係が2018年まで延長されます。

NielsenのMedia Industry Groupの責任者であるMonique Perryは、「RFPを依頼した他の23社と並び、IABオーストラリアが現状を受け入れないことは分かっていた」と述べています。これを受けて、私たちは測定革命のための青写真を作成しました。"

ペリーは、ニールセンのチームがデジタル測定通貨を保持するために非常に尽力したことを確認しました。「Nielsen のチーム全体が、このために懸命に戦いました。 私たちは、これまでとは違う考え方をしなければならないことを理解しており、入札のためにあらゆる手を尽くして準備しました。私たちは、地元をリードする革新的な製品開発に取り組み、非常に情熱的なクライアントサービスチームと強力な技術サポートを持っています。選ばれて本当に感激しています。

ニールセンの入札提案の要は、大幅に強化されたデジタル視聴者測定レポートの導入で、これはIABオーストラリアとのパートナーシップで管理され、今後3年間で段階的に展開される予定です。

「ニールセンの青写真は大胆で、最終的にデジタルの測定方法を変えるでしょう」とペリーは明かしました。また、スマートフォン、タブレット、アプリケーションの測定というモバイルのギャップを埋め、データAPIを提供し、代理店とパブリッシャーの両方にとってより良い統合をサポートします」。

「これは間違いなく、ニールセンがこれまで見てきた中で最も複雑なブリーフの一つであり、このように洗練された市場からは期待できるものでした。入札プロセス全体は厳密かつ包括的で、幅広い出版社や代理店によって設計されました。IABオーストラリアは、このプロセスから、世界クラスのデジタル視聴者測定ソリューションを生み出したと信じています。

「IAB理事会および技術審査グループの皆様には、時間と労力を費やして提出された入札案件を審査していただき、特に感謝申し上げます。私たちは、このチームや広範なデジタル・コミュニティと密接に協力し、青写真の各段階を実現することを楽しみにしています。

「これは真の革命であり、パブリッシャーと広告主が喜ぶことでしょう。IABは、オンライン広告業界の大幅な成長を監督してきました。選ばれた青写真は、デジタル測定におけるグローバルリーダーとしてのオーストラリアの地位をさらに強固なものにすると確信しています」とペリーは締めくくりました。

IABオーストラリアは、今年4月、デジタル視聴者測定ソリューションの3年間の優先サプライヤー契約について、応募を呼びかけました。合計23の組織が最初にRFPに回答し、その後、IABの技術審査グループが詳細かつ広範な技術およびビジネス要件に照らして審査しました。7月中旬には、ComScore、Roy Morgan、GfK、Nielsenの4社からなる最終選考リストが発表されました。その後、先月初旬にGfKとNielsenに絞られ、最終的にNielsenが採用されることになりました。

ニールセンについて

Nielsen N.V. (NYSE: NLSN) は、マーケティングおよび消費者情報、テレビ、その他のメディア測定、オンライン情報、モバイル測定、トレードショー、および関連資産において市場をリードする情報・測定企業です。ニールセンは約100カ国で事業を展開し、本社を米国ニューヨークとオランダのディーメンに置いています。詳細については、www.nielsen.com。

連絡先

Andrew McCaskill: 646-654-5577;andrew.mccaskill@nielsen.com