本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセンデジタル広告視聴率でデジタルプロモーションが大きく変わる

8分で読めるシリーズ|ミラ・ルビス|2018年2月号
{“order”:3,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“hidePublishDate”:”true”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship]”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

ジャーナリズムとエディターのためのページです。

  • ニールセンは、ニールセンのデータを情報源として活用し、新たなニールセン評価手法を確立するため、記者や編集者を募集しています。
  • ニールセンデータを参照するための方法を見つけるには、ニールセンの最新情報を入手する必要があります。
  • ニールセンは、そのようなニーズに応えるために、ニールセンのデータを収集するためのツールを提供しています。

ニールセンデジタル広告視聴率でデジタルプロモーションが大きく変わる

メディアデジタルとメディアコンベンシオンの融合が進行中

テレビ・メディア業界向けデジタルマーケティング・スタディ

メディア・デジタルの世界におけるオンターゲット視聴者の開拓

ジャカルタ、2018年2月14日 - メディアデジタルのペングナイアンは、メディアデジタルのメディアコンビネーションがどのようなものかを説明することができるようになりました。しかし、いくつかのターゲットは、その日その日のメディアの組み合わせを持っています。Z世代(10~19歳)。Z世代は、97%がテレビに、50%がインターネットに、33%がラジオに、7%が地上波に、4%が複合メディアを利用しているようです。現在の世代は20~34歳で、96%がテレビを視聴し、58%がインターネットを利用しています。一方、X世代(35-49歳)は、97%がテレビを視聴し、37%がラジオを聞き、33%がインターネットを利用している。一方、ベビーブーマー世代(50~64歳)の95%がテレビを視聴し、32%がラジオを視聴し、9%がインターネットを利用している。この結果は、インドネシアのニールセンメディア研究所の調査によるものです。

しかし、最近の世代では、インターネットを利用したコンシューマー向けコンテンツが多くなっています。また、デジタルメディアとマルチスクリーンの組み合わせは、最も重要な要素となっています。テレビがインターネットに接続している割合は42%で、ネットメディアがインターネットに接続している割合は71%です。デジタルメディアの視聴時間は、1時間52分(2014年)、3時間8分(2017年)と、数年単位で変化している。そのため、この分野のメディアを利用する期間には、多くの費用がかかります。

デジタルメディアを利用することで、企業はデジタルメディアを利用したプロモーションの戦略を立てることができます。その理由は、企業がデジタルメディアとインタラクティブメディアを組み合わせた場合、目標コンシューマーを追加する必要があるか?

Kompasメディアでのニールセンコンシューマーメディアビューとデジタル広告視聴率(DAR)の研究は、Kompasデジタル版(Kompas.com)のコンテンツは、以前のKompas版のコンテンツよりもはるかに少ないことを確認することができます。ニールセンが行ったDARとコンシューマーメディアビュー(CMV)という調査では、Kompas.comの視聴者がミレニアル世代(21~34歳)とX世代(35~49歳)であることが明らかにされています。これは、特に、教育、経済、社会など、私たちが知っているさまざまなトピックに関連しています。これらのトピックは、35歳以上の若者を対象としたイギリスの新聞であるKompasデジタル(Kompas.com)から引用されたものです。

EMTEKデジタルメディア(bola.comとbintang.com)にあるニールセンDARの研究では、テレビメディアとデジタルメディアで最も人気のあるトピックを示しています。この調査では、テレビ(SCTV/Indosiar)からヒブラルキーのコ ンタクトを取る人が多い一方で、デジタルからヒブラルキーのコ ンタクトを取る人が多い(54%)ことが示されています。ボーリング・ゲームについては、オンライン・ボーリング・ゲーム(Bola.com)の視聴率は、テレビのボーリング・ゲームの視聴率(47%)よりも低く、多くの人が利用している。

デジタルメディアへの戦略を策定している多くの業界では、デジタルメディアでの成功は戦略的なメディアでの成功とは異なることが知られています。デジタルメディアは、クリック単価(CPC)、千インプレッションあたりのコスト(CPM)、ダウンロードあたりのコスト(CPD)、およびそのようなものを含む、コストを削減するためのさまざまな方法を提供しています。

デジタルメディアにおけるイクランを完成させることで、デジタルメディアにおけるイクランの効果を高めることができるかもしれませんが、それは業界にとって重要なことです。 

デジタル広告視聴率(DAR)によるデジタルコンテンツの管理

ニールセンのデジタル広告視聴率(DAR)は、2015年にアジア・テンガラで約3000のデジタル広告を配信し、ニールセンはデジタル広告のオンターゲットのベンチマークを実施したことを発表しました。オンターゲットベンチマークは、デジタルのウェブサイトが表示されたときに表示された総インプレッション数に対して、最大ターゲット数で表示されたインプレッション数である。

インドネシアでは、メディア・デジタルのカテゴリーとジャンルにおいて、オンターゲットの基準が設定されています。このカテゴリは、デスクトップが69%、モバイルが80%であるにもかかわらず、78%のデジタルメディア合計の目標を達成した生活消費財(CPG)カテゴリです。ニールセンは、メディアデジタルの基準に基づき、プラットフォームやネットワークのメディア(目標値43%)とデジタルウェブサイトのメディア(目標値60%)を定義しています。

デジタル・アド・レート(DAR)についての情報を提供する。

ニールセンのデジタル広告視聴率(DAR)は、2015年にアジア・テンガラで減少した約3000のデジタル広告を測定し、2017年の学期には、93%のデジタル広告がモバイル広告であることを発表しました。そして、モバイル端末は、デジタル端末やデスクトップ端末と同じように、またはそれ以上のターゲット層を獲得しており、その数は、米国で最も多い端末の数です(表1参照)。

ニールセンのデジタル広告視聴率ベンチマークと調査結果は、ユーザー層とジャンル、ユーザー数、カテゴリー、サイト(ペナント、プラットフォーム/ランキング)の各デジタルプラットフォーム、デスクトップ、モバイルで、個々の広告の効果を比較検討するための資料として使用されます。

アジア10カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)において、18年から49年にかけてデジタルコンテンツは、モバイル、デジタル、デスクトップの各プラットフォームで85%以上の視聴率を獲得しています。2016年の調査では、デスクトップで70%、モバイルで66%のユーザーが「採用された」コンテンツを獲得しています。

21~34歳のコンシューマー向けデジタルコンテンツでは、モバイルプラットフォームの利用が、デスクトッププラットフォームの利用を32%上回っています(モバイル78% vs. デスクトップ46%)、また、モバイルプラットフォームの利用が、デスクトッププラットフォームの利用を上回っています。

ニールセンの東南アジア・北アジアのデジタル部門責任者であるエイミー・ジェリーは、「アジア・テンガラ地域で最も重要なデジタル市場は、世界各地でモバイルファーストのコンシューマーに支えられています」と述べています。「デスクトップは歴史上、モバイルで作成されたコンテンツを利用するために重要な役割を担ってきましたが、今後数年間はモバイルの利用を促進するために重要な役割を担っていくでしょう。私は、ペンギンが、彼らの個人的なプラットフォームを作成するために、モバイル端末を使用することができること、そして、彼らがより正確な知識を得ることができるようにすることを確信しています。

製品カテゴリーでは、コンピュータ&エレクトロニクス部門とビジネス&レイヤリング部門に分かれているため、目標値を75%と73%に設定した場合、目標達成のための時間は短くなり、オトモティとハイブリッド部門になると56%と55%になります。(2ページ目)。  

インドネシアでは、ニールセンのデジタル広告視聴率(DAR)は、デジタルメディアでより多くの視聴者を獲得するために、産業界を支援するものであり、その結果、視聴者からのコミニュケーションプロダクトは、ターゲットコンシューマーを獲得することができます。

ちなみに、インドネシアのニールセン・オンターゲット・ベンチマークでは、カテゴリー別に、ビスネスとレイヤン・コンシューマーのカテゴリーでは、78人がメディア・デジタルに参加し、そのうち92人がデスクトップに、55人がモバイルに参加していることが分かっています。

生活消費財(FMCG)カテゴリーでは、デスクトップが69%、モバイルが80%で、合計81人のデジタルユーザが利用しています。

表1.東南アジアのオンターゲット・ベンチマーク(人口統計データ)

表2.東南アジアのオンターゲットベンチマーク(広告主カテゴリー)

表3.インドネシア・オンターゲット・ベンチマーク

ニールセン デジタル広告視聴率ベンチマークレポート東南アジア版について

この記事では、2017年6月30日時点で、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの3,000人以上の視聴率ニールセンのデータを収集し、30日時点の最低視聴率について説明します。このサイトでは、5,000人以上の人口と、そのうちの1人である従業員の人口を観察することができます。30人の従業員が、安定した従業員数を確保するために、その数は増加します。比率の高いターゲット層は、人口動態を反映した層であり、その層の総人口は、その層の総人口と比較して減少している。また、各カテゴリーや人口統計の中から、そのカテゴリーに該当するデータを抽出することも可能です。このデータは、そのような若い世代の人たちが、若い世代の人たちとのコミュニケーションに焦点を当てたサイトの観察を行うために作成されたものです。これは、統計的にほぼ正確な比率の統計データを表しています。

ニールセンのデジタル広告視聴率について

ニールセンのデジタル広告視聴率(DAR)は、2015年にアジア・テンガラ州で実施されたデジタル広告視聴率で、約3,000の広告が測定されたアジア・テンガラ州のデジタル広告視聴率の調査です。アジア・テンガラ州で評価されたゲームの大部分(93%)は、モバイルコンテンツを使用しています。このレポートでは、オンターゲットを達成するための方法について説明します。これは、デジタルコンテンツで達成された総利益のうち、最も重要な利益となる利益について説明します。

ニールセンDARの標準的なデータを使用します。

  • デモグラフィユーザー数/性別
  • ユーザレンタル、ユーザレンタルで購入された場合。
  • ニールセンアドインテルで定義されたカテゴリー別ランキング
  • プラットフォーム/イクランの比較
  • Lingkupデスクトップとselulerの比較

ニールセン・コンシューマー・メディア・ビュー

コンシューマー・メディア・ビュー(Nielsen Consumer Media View)調査から、コンシューマー・メディア・ビューのデータが発表されました。調査はインドネシアの11カ所で実施され、16,000人が回答しました。

Tentang Nielsen

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(NYSE:NLSN)は、世界各地のコンシューマーとパサーのために長期的かつ長期的なビジネスを展開するグローバルなデータ分析会社です。私たちは、世界のトレンドを把握するために、ニールセンの最新データおよびその合計を収集し、直近で得られたデータ、直近で得られたデータ、およびこれらのデータについて回答するための最も重要なデータを提供します。90年以上前から、ニールセンは、新しい、革新的な市場調査に関するデータと分析を提供し、その結果、消費者、メディア、小売業、小売業、小売業の業界に影響を与える可能性の高い市場を開発するための方法を確立しています。ニールセンは、S&P500の企業であり、世界の90人以上の人口を持つ100カ国以上で運営されています。詳細については、www.nielsen.comを参照してください。