本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

消費者の心をつかむストリーミング音楽

2分で読めるシリーズ|2013年6月

モバイルでのローカルニュース番組の生中継から、リビングルームでのタイムシフトによるシーズンファイナルまで、ストリーミングコンテンツの波は、私たちの目と耳を魅了し続けています。そして、デジタル音楽はその大きなうねりの中で、私たちの足指を動かし、頭を揺らし続けているのです。

ニールセンによると、米国では今年これまでに220億曲近くがストリーミングされ、消費者はますます高い確率でデジタル音楽に関与しています。

楽曲をストリーミング再生するための選択肢は数多くありますが、コネクティッドデバイス所有者の多くはスマートフォンで聴いています。55歳以上のリスナーを除くすべての年齢層のリスナーは、ラジオの甘い音をストリーミングするために選択するデバイスとして、スマートフォンを挙げています。Nielsenの2013年第1四半期の米国接続機器所有者調査によると、25~34歳と18~24歳の機器所有者は、スマートフォンを使用してラジオから曲をストリーミングする傾向が最も高く(それぞれ27%と26%)、55歳以上の消費者はラップトップを選択する(14%)ことが分かっています。

しかし、音楽をダウンロードする場合は、より大きなストレージを持つノートパソコンが好まれます。

実際、18-24歳のアメリカ人で接続機器を所有している人のほぼ半数が、音楽のダウンロードにノートパソコンを好んで使っています(47%)。技術的に気まぐれなティーンエイジャーでさえ、音楽のダウンロードにノートパソコンを選ぶのは、スマートフォン(28%)と同じくらいです(27%)。

ファイル
ファイル

米国のスマートフォン所有者も、1年前よりもラジオ的なアプリを使うようになっている。2013年4月、今日間違いなく必携の音楽ストリーミングアプリ5つを分析したところ、ユニークユーザー数は過去1年間で2桁、3桁の伸びを示した。

厳選されたすべてのアプリが人気を博したが、中でもiheartradioアプリは2013年4月のユーザー数が前年の2倍以上(ユーザー数107%増)となり、最も大きな伸びを見せた。2011年7月の発売以来、米国で着実に人気を集めているSpotifyは、2012年4月からのアプリ利用者数が91%増となり、これに続きました。その他の分析対象アプリも、前年比で大きな伸びを示しました。Slacker Radio (84%)、Pandora (71%)、Rhapsody (41%)です。

さらに、Pandoraラジオアプリは、分析した他のラジオアプリのユーザーの間でもかなり人気があります。他のラジオアプリのユーザーの約3分の1が、この月にPandoraも利用していました。また、Rhapsodyアプリのユーザーの27%がPandoraアプリを使用していました。

複数の音楽ストリーミングアプリを使い分ける

米国の18歳以上のスマートフォン所有者において(Android & iOSのみ)(2013年4月

音楽ストリーミングアプリPandoraも利用したユーザーの割合Rhapsodyも使用したユーザーの割合Slacker Radioも利用したユーザーの割合Spotifyも利用したユーザーの割合iheartradioも利用したユーザーの割合
パンドラ・ラジオN/A1.0%5.0%5.2%11.1%
ラプソディ26.5%N/A16.0%6.7%13.5%
スラッカーラジオ32.6%4.0%N/A4.0%8.4%
スポティファイ34.1%1.7%4.1%N/A10.0%
アイハートラジオ32.0%1.5%3.8%4.4%N/A
として読みます。2013年4月中、Rhapsodyアプリユーザーの27%がPandoraラジオアプリも利用していました。
出典ニールセン

ニールセンについて 音楽消費者の詳細については、ニールセンの「米国エンターテインメント消費者レポート」をダウンロードしてください。