本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

今夏の主要音楽祭に向かうのは誰だ?

2分で読めるシリーズ|2016年4月

夏の音楽フェスティバルのシーズンは、コーチェラの開幕で幕を開けましたが、この夏の一連のイベントは、これまで以上に大規模になることが予想されます。

アメリカ人の音楽フェスティバルに対する認知度はここ数年で高まっており、中でもコーチェラとiHeartRadio Music Festivalは最も伸びています。コーチェラについては、2013年の22%から36%の米国一般人口が知っているとのことです。

音楽祭全体ではロラパルーザが最も知名度が高く、一般市民の52%が聞いたことがあるという。ボナルーも認知度が高く、アメリカ人の21%が聞いたことがあるそうです。

フェスティバル・ファンにとって、音楽のラインナップは、どのイベントに参加するかを決める際の最重要事項です。しかし、価格や近さなども重要なポイントになります。例えば、カリフォルニア州で開催されるコーチェラ・フェスティバルは、アメリカ西部の観客が多い。

では、これらの主要な夏フェスには、誰が参加しているのでしょうか?NielsenのAudience Insights Reportによると、フェスティバルのファンは、若く、多様で、音楽が好きで、パーティーも好きな人たちであることがわかります。

音楽フェスティバル・ファンの約半数(45%)はミレニアル世代です。また、この世代は過去のどの世代よりも多文化であることを考えると、音楽リスナー全体と比較して、参加者がヒスパニックである可能性が51%、アジア人である可能性が11%高いことは驚くべきことではないでしょう。また、フェスティバルのファンはライブミュージック・ファンでもあります。82%が通常年に少なくとも1回はライブミュージック・イベントに参加しているのに対し、音楽リスナー全体では53%にとどまっています。

21歳以上のフェスティバルファンは、平均的な音楽リスナーよりも、ほとんどすべての種類のアルコールを強く消費しています。例えば、クラフトビールは、一般的な音楽リスナーよりも38%多く飲まれています。ビール以外のハードリカーでは、ウォッカ、テキーラ、ラムが、ワインでは国産品が多く選ばれています。

音楽フェスティバルのファンは、ただ楽しむだけでなく、その体験をデジタルデバイスで友人と共有しています。約半数のフェスファンがコンサート中に写真を共有したり、友人にメールを送ったりしており、会場に行けなくてFOMO(見逃し恐怖症)に悩まされているファンも体験することができます。