本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

従来のテレビ視聴が正常化する中、コネクテッドTVの利用はCOVID-19以前を上回る水準で推移

4分で読めるシリーズ|2020年6月

多くのアメリカ人にとって、接続性はすべてであり、その傾向は過去数年間、テレビ視聴に大きな影響を与えてきました。COVID-19の大流行で全米に避難命令が出された時期には、メディア全体の利用時間と共にコネクテッドTVの視聴時間も増え、週を追うごとに10億時間以上増加しました。現在、各州が避難所指示を緩和し、企業の再開を許可しているため、従来のテレビ利用は正常化していますが、CTV利用はCOVID-19以前のレベルをはるかに上回っています。

避難所での制限中に総メディア消費量が増加することは予想され、これまでにもよく報告されていますが、スマートテレビ、インターネット接続機器、ゲームコンソールを通じたCTVの利用が高いレベルで持続していることから、新しい通常の生活では、ロックダウン前よりも重い量のコネクテッドTV利用が含まれていることが示唆されます。

CTVは、ストリーミングアプリからゲーム、OTTチャンネルに至るまで、消費者にさまざまなコンテンツの選択肢を提供しています。その多様性が、利用者増加の背後にある重要な要素です。また、ストリーミングビデオはメディア業界全体で話題になっていますが、視聴されたSVOD(Subscription Video On Demand)分の60%以上は、ストリーミング事業者のオリジナル番組ではなく、買収したコンテンツに起因していることは重要なポイントです。このように多様な選択肢がある中で、CTVの利用率は依然として高く、5月上旬の従来のライブテレビの利用率は、2019年の利用率をわずかに上回ったに過ぎません。これは、消費者が外に出る自由がある場合でも、コネクテッドメディアが提供する巨大な魅力を物語っている。

CTVへのアクセスや利用が多いのは、現在の健康危機に限ったことではありません。トレンドは以前から上向きです。2020年3月の時点で、ニールセンのデータでは、米国の家庭の76%が少なくとも1台のコネクテッドデバイスを持っていることが分かっています。しかし、アクセスは必ずしも使用と一致しないため、私たちは1月に、それらの家庭の消費者が毎月125億時間、それらのCTVデバイスを使用していることを追跡調査しています。COVID-19の症例が米国で表面化し、隔離生活が始まった直後の2020年3月30日の週まで早送りすると、CTVデバイスの総使用時間は前年比81%増となりました。この増加は、1週間あたりのCTV使用時間が約40億時間に相当します。

一人でテレビを見る人も確かにいるが、テレビ視聴は常に集団での共同体験を育んできた。これは、特にCTVの利用において顕著です。アメリカの家庭では、家中にコネクテッドデバイスがありますが、CTVデバイスはリビングルームで最も多く使われており、そこでみんなで一緒に見ることができます。これは以前からそうでしたが、避難所での制限により、その傾向がさらに増幅されました。そしてその結果、他の部屋での視聴時間は減少しています。

リビングルームでの視聴の増加は、消費者が一緒にコンテンツを視聴することを選択し、共同視聴が拡大していることを物語っています。特に、世界的な大流行が起きている間は、健康危機の中で家族や恋人に寄り添うことを消費者に促したと思われます。実際、Nielsenのデータによると、現在の状況がきっかけで、3月2日の週から5月4日の週にかけて共同視聴が増加したことが分かっています。共同視聴のレベルは3月23日の週のピークから下がっていますが、ほとんどの層でCOVID-19の流行前より高いレベルを維持しています。  

しかし、コ・ビューイングはCTVスペースでだけ増えているわけではありません。3月2日の週から5月4日の週にかけて、放送、ケーブル、シンジケートのテレビ視聴でも共同視聴が増え、2ポイント上昇(34%から36%)しています。2歳以上のSVOD(Subscription Video On Demand)視聴率は3月23日週に55%とピークに達した。一緒に見るコンテンツの好みは年代によって異なるが、この時期の視聴行動の伸びは、何を見るかに関わらず一貫している。

米国のシェルター・イン・プレース規制中にメディア消費全体が上昇したことは、おそらくその程度ではないにせよ、予想されたことであった。米国の49州が少なくとも部分的に再開された現在、CTVの利用が引き続き高いのは、利用可能な様々な選択肢とそれに対する接続性に消費者が魅力を感じていることの証左である。つまり、このニューノーマルでは、コネクテッドTVとコ・ビューイングが新しいメディア消費の方程式の大きな部分を占めていることが分かります。