本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品情報

シカゴの成人の10人に7人が "シカゴ・ラジオ・タウン・ホール・ミーティング "を知っている。

2分で読めるシリーズ|2016年11月

毎週12歳以上のアメリカ人の92%以上にリーチしているラジオは、依然として強力なメディアであることが、最近シカゴで実証されました。2016年11月14日(月)、RBC(Radio Broadcasters of Chicagoland)の加盟局47社は、Illinois Broadcasters Associationと協力して、Rahm Emanuelシカゴ市長を招いたタウンホールイベントを開催しました。 

月曜日の夕方6時から6時半まで、ラーム・エマニュエル市長と伝説の放送ジャーナリスト、ビル・カーティス氏が、シカゴ市にとって重要なトピックについて幅広く話し合いました。市内各地のラジオ局が通常の番組から離れ、30分間のタウンホールを同時放送しました。これらの局は様々なフォーマットを持ち、合計で毎週650万人の18歳以上のシカゴの成人にリーチしています。 

もっと詳しく見る

タウンホールの直後に、ラジオがシカゴの成人にどれだけ効果的だったかを分析するために、オンライン調査を実施しました。この調査では、18歳以上の成人800人近くを対象に、タウンホールに関する知識、その影響、放送に対する全体的な反応などを測定しています。

ラジオはこのイベントを見事に宣伝してくれました。シカゴ市民の10人に7人がこのイベントを知っており、約半数が放送日前にニールセンについて を知っていました。その他、調査結果には以下のようなものがあります。

  • 国民の3分の1がこの放送を聴いていた。
  • 視聴した人の88%が放送のすべて、またはほとんどを聴いたという。
  • この放送の視聴者の74%が視聴を予定していた。
  • 成人の10人に8人は、自分の好きな局にダイヤルした。
  • 聴いている場所は、自宅で聴いている人と外出先で聴いている人が同じくらいでした。

また、このタウンホールの成功は、最初の放送の後にも注目を集めました。ラジオ・タウンホール」を知っていた人の84%が、さまざまなメディアや口コミを通じて、イベント後に再び「ニールセンについて 」を耳にしました。

「シカゴのラジオ・タウンホールは大成功を収めました。"リスナーの関心を集めただけでなく、調査対象者の70%が、このイベントは多くのラジオ局で放送するのに十分なほど重要であると感じています。"

「AM/FMはアメリカで最もマスリーチのあるメディアだ」とケリーは続ける。"今週シカゴで行われた数時間の間に、シカゴのラジオ放送局は、メディアが常に断片化されている時代に、ラジオが大規模で多様な、熱心な聴衆を提供する驚くべき能力を持っていることを証明しました。"