Skip to content
Insights >

専門誌CM INDEX「放映前の脳活動測定でCMを磨く 」掲載

0 minute read | October 2018
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”https://develop.nielsen.com/jp/ja/insights.html?pageNum=1″,”title”:”u30a4u30f3u30b5u30a4u30c8″,”titleColor”:”FFFFFF”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:6,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

9月20日に発売された広告業界誌「CM INDEX」に、ダイドードリンコ株式会社様よりニールセン・ニューロについての記事の第2弾「放映前の脳活動測定でCMを磨く 」が掲載されました。

新商品「ダイドーブレンドコーヒー ギンレイ」のCMに対して、オンエア前にニールセン・ニューロ調査を実施しました。今回の記事では、ニューロ調査の知見を生かして表現を磨き上げた経緯についてクライアントの立場から語ってくださいました。

月刊CM INDEX 2018年9月号

©CM INDEX/CM総合研究所