本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

iTunesとRIAAの関係

2分で読めるシリーズ|2009年2月

ジョシュ・タンツ

2000年以降、音楽業界は大きな変化を遂げました。アルバムの売り上げは年々激減し、一方でオンラインによる音楽ダウンロードは合法・違法ともに急増した。アップル社のiTunesストアは 60億曲以上を販売し、米国レコード協会(RIAA)は35,000以上の違法音楽コンテンツ配信業者を提訴している。

音楽アルバム販売

しかし、先月、音楽業界は新しい時代に突入した。12月19日からRIAAは新たな訴訟の提起を停止した。1月6日には、、アップル社がファイルの無制限コピーを認めると発表した。音楽の伝達は、基本的に無制限の自由市場になっている。

2007年、アップル社のスティーブ・ジョブズCEOは、iTunesの音楽からコピー制限を取り除くことは、音楽業界全体に利益をもたらすと主張する公開書簡を書きました。音楽の90%は制限のないCDフォーマットで販売されているため、ダウンロード可能なファイルはすでに海賊版として出回っている、と彼は主張した。ジョブズ氏は、iTunesのファイルから制限を取り除くことは、音楽の違法コピーには影響せず、iTunesの音楽に対する需要を増やすと主張した。これは、消費者の嗜好を無視した考え方だと思う。CDを実店舗で購入することを嫌う消費者が増えている一方で、個々のデジタル楽曲に対する需要は増え続けている。この点は、Virgin MegastoresのCEOであるSimon Wright氏も再認識しているようだ。タイムズスクエアーズのVirgin Megastoreの閉店に対して、ライト氏は "レコード音楽に完全に依存する店舗は、将来的に難しい "と発言したのだ。

短期的には、今回の変更により、コンテンツを消費しようとする消費者が集まり、iTunesとP2Pネットワーク(ユーザー間で自由にファイルを転送できるプログラム)の両方の利用が増加しました。

音楽ダウンロードアプリユーザー
音楽ダウンロードアプリケーションの使用時間

しかし、私はこの流れが続くとは思っていません。ニールセンの公式見解ではなく、デジタルで音楽を入手できる時代になったミレニアル世代の視点として、私の意見を受け止めてください。現在、人々がP2PネットワークではなくiTunesを利用している理由は大きく分けて2つある。(1)iTunesはCD並みの品質の音楽を提供してくれる、(2)違法ダウンロード者に対する法的措置の恐れがある。iTunesの障壁が取り除かれれば、簡単に配布できるファイルはすぐにP2Pネットワークに移行するでしょう。その結果、ファイルが無料のチャンネルで利用できるようになるため、iTunesの利用は大幅に減少するでしょう。同時に、RIAAからのアクションの脅威がないため、P2Pネットワークは利用が大幅に増加することでしょう。

音楽の売上が減少するにつれ、ミュージシャンはツアー、ライセンス、スポンサーシップ、マーチャンダイジングなどから多くの収入を得るようになりました。この傾向はさらに加速し、マーケティング担当者は人気アーティストと自社製品を結びつける大きなチャンスを得ることができます。