本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

Whiting to FCC Be Carefulニールセンについて ビデオプラットフォームに関する新規制。

1分で読めるシリーズ|2010年7月

連邦通信委員会(FCC)の公開フォーラムで証言したニールセン・カンパニー副会長のスーザン・ホワイティングは、新興のオンラインおよびモバイル・ビデオ・プラットフォームに対する規制の必要性を評価するにあたり、慎重に行動するよう同委員会に促した。

「FCCは規制の必要性を慎重に評価する必要がある」とホワイティングは述べています。 「消費者はますます多くの異なるソースから好きな番組を見ることを選択し、多くの新しい方法でメディアを生活に取り入れるようになっています。 コンテンツ所有者は、こうした変化に適応し、あらゆるプラットフォームで消費者の需要を満たすための柔軟性を必要としています。

Whitingは、NBC UniversalとComcastの合併案に関するシカゴでのFCCフォーラムで、オンラインビデオ配信に関する検討パネル(ニールセンについて )の一員として参加しました。 Whitingは、提案されている合併について何の見解も示さないまま、ビデオコンテンツの現在および将来の市場について理解を深めるため、アメリカ国民のビデオ消費に関するNielsenのデータを紹介し、進化するメディアの状況について委員会に説明しました。

「この4年間で、ビデオの配信と消費のためのメディア・プラットフォームの統合が進みました。 消費者は、好きな時に好きな場所でビデオを見たいし、それを期待し、自分にとって最適なデバイスを使いたがっています。

スーザン・ホワイティングのFCCでのスピーチ原稿をダウンロードしていただけます。

ニールセンの最新のスリースクリーンレポートを読む。