本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

あるメディア企業が、視聴と消費を融合させることで緑を手に入れた方法

1分で読めるシリーズ|2013年7月

ローカル市場のネットワーク・アフィリエイトと広告主が、ともに予算の削減に努めるのは当然のことです。特に、小規模なDMA(Designated Market Area)では、ローカルネットワークが執拗に市場シェアを争い、ネットワークTVプラットフォームの方が広告費の獲得機会が多いという認識と戦わなければならないこともあります。このように、ローカル市場で事業を展開する企業は、自社に有利になるようなあらゆる可能性を常に探し求めているのです。

ニールセンとスカボローがスペイン語メディア企業Entravisionと行った最近のケーススタディでは、広告収入を増やすために、消費者の財布の中身を探る新しいユニークな方法が編み出されました。この調査では、年齢や性別といった従来の主要な属性に依存するだけでなく、購入までの経路をたどることで、最適な消費者にリーチすることができました。

テキサス(KORO)、ネバダ(KREN)、カリフォルニア(KPMR)のEntravision局は、消費者の従来の視聴習慣と自動車や小売カテゴリーにおける購買行動の両方を融合することで、視聴者に効果的にアプローチできただけでなく、買い物客やバイヤーにもアプローチすることができたのです。その結果は?広告営業チームは勝利を収め、地元テレビ広告費のシェアを拡大し、そして何よりも局の収益を増加させました。

主なインサイトを以下に紹介します。

  • KRENのゴールデンタイムの視聴者の28%以上が、次の車に2万5千ドルから3万ドルのお金をかけるという。
  • 次の車に4万5千ドルを費やすことを望む高級品購入者は、KRENのゴールデンタイムの視聴者の7パーセントを占めています。
ファイル