本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>責任と持続可能性

数の力。第4回ニールセン・グローバル・インパクト・デイで22,000人以上がボランティアに参加

2分で読めるシリーズ|2015年6月

Nielsen Caresは、クライアント、社員、コミュニティに対する約束というよりも、社員一人ひとりの情熱と熱意によって推進される1年間のボランティア精神です。データサイエンティストが非営利団体のモバイルデータ収集の近代化を行ったり、アソシエイトチームが学生に統計や市場調査の実例を教えたり、ニールセンのボランティアは、私たちの見識、関与、投資を結びつけ、私たちが生活し働く世界中のコミュニティーに並外れたインパクトを与えることができるのです。

今年で4回目となるニールセンのグローバルインパクトデー(NGID)も例外ではありませんでした。2015年6月11日、22,000人以上のニールセン社員が集まり、800以上のコミュニティ組織で1,400以上のプロジェクトでボランティア活動を行い、私たちが変化をもたらすことができました。これらのプロジェクトは、ニールセンが事業を展開する90カ国以上の世界各地で行われました。ニールセンの社員は、フードバンク、スープキッチン、学校、コミュニティセンター、図書館、公園などで協力し、お互いに、そして地域社会とつながることができました。また、ニールセンのプログラムは、社員によって支えられています。何百人ものニールセンのボランティアリーダーたちが、本業に加え、プランニング 、NGIDの実行を担い、ビジネスラインや国境を越えて協力し、世界規模で私たちのインパクトを構築しています。

「と、ニールセンの社会的責任担当副社長であるクリスタル・バーンズは述べています。「Nielsen Caresは、スキルベースのボランティア活動や、Nielsenの製品やサービスをNPOに提供し、Nielsenのデータや洞察を役立ててもらうことで、一年中影響を与え続けることを約束します。当社の社員は、ニールセンのdata for social goodの一環として、毎年100以上の異なるスキルベースのプロボノプロジェクトに参加し、彼らのスキルとニールセンのデータを使って、世界最大の社会課題の解決に貢献しています。

ニールセンの社員は、毎年24時間のボランティア活動に参加し、自分の情熱にしたがって、ユニークな方法で影響を与えることができます。この活動は、社員が自分らしく、私たちと共に成長し、変化をもたらすためのものです。

NGID4の写真集で、ニールセンの活躍をご覧ください。今後もソーシャルメディア(#NGID #NielsenCares)で私たちと会話を続けていただければと思います。