本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

モバイル・マジョリティ。米国のスマートフォン所有率が60%を突破

1分で読めるシリーズ|2013年6月

米国ではスマートフォンの利用率が上昇し続けています。直近の3ヶ月間(2013年3月~5月)に米国の携帯電話加入者の5人に3人以上(61%)がスマートフォンを所有しており、2012年初めにスマートフォンがモバイルの主流となってから10%以上上昇しています。

OSの好みについては、米国ではアップルが引き続きトップですが、スマートフォン所有者の大多数はアンドロイドOSの端末を使用しています。スマートフォン所有者の53%がアンドロイドOSを使用し、40%がiPhoneを所有していました。前年同期と比較すると、米国のスマートフォン市場におけるアップルのシェアは7%ポイント拡大し、アンドロイドのシェアは2%拡大しました。2012年3月には、携帯電話加入者の50%がスマートフォンを利用し、初めて過半数を占めました。

ファイル

では、このように増え続けるスマートフォンの所有者は、どのような人たちなのでしょうか。米国では、5人に3人以上がスマートフォンを使用しており、全体として女性がスマートフォン所有者の大半を占めています。また、25歳から34歳のミレニアル世代での所有率が78%と最も高く、18歳から24歳のモバイルユーザーの4人に3人がすでにスマートフォンを所有しています。55歳以上の米国人におけるスマートフォンの普及率は依然として最も低い(42%)ものの、この層における普及率は過去1年間でほぼ倍増しており、急速に追い上げてきています。

スマートフォンの利用状況は、民族によっても異なります。アジア系アメリカ人のスマートフォン所有率が最も高く(75%)、一方、白人における普及率は過去1年間で最も高く、過去3ヶ月間の平均で56%と、1年前のわずか45%から上昇した。