本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

2019年第1四半期、広告費は4%成長

5分で読めるシリーズ|2019年4月号

広告費総額は30.9兆ルピアで、依然としてテレビが優勢

2019年選挙運動期間を通じて、政府機関や政治団体が広告費の12%を拠出

2019年4月30日、ジャカルタ - 2019年第1四半期の広告費は、前年同期比4パーセントと比較的安定していました。ニールセン・インドネシアが本日発表したニールセン広告情報(Ad Intel)の調査結果によると、総支出は30.9兆IDRで、2018年の同四半期と比較して8%増と、依然としてテレビが優勢であることが判明しました。

大統領選挙は、いくつかのメディアの広告トレンドに影響を与えています。この選挙の年の第1四半期では、広告費の最大の部分はIDR2Trillion(11%増)と政府および政治団体のカテゴリから来て、IDR1,9Trillionの総広告費でオンラインサービスのカテゴリが続いています。

第3位の広告主はヘアケア部門で、総支出額は1.8兆ルピアです。クローブタバコカテゴリーは1.7兆ルピアを費やし、29%の伸びを示しました。第五位は、1.5兆ルピアの総広告支出と、前年の同期間に比べて37%成長したインスタント食品製品カテゴリです。

ブランド別では、Mi Sedaap、Counterpain、Gudang Garam Moveが依然としてテレビで優勢である。印刷メディアでは、南スマトラ州政府、リアウ州政府、ランプン州政府など、政府系が最大の広告主となった。一方、ラジオ広告は、シェル、Belimobilgue.co.idとGulatesによって支配されています。

政府・政治団体が広告費支出を活発化させた

選挙キャンペーン期間(2019年3月24日~4月13日)を通して、広告費総額のうち、政府・政治団体は広告費総額IDR1.1Trillionで12%とかなりの割合を占めています。この数字は、2018年の選挙キャンペーン期間と比較して、IDR429Billionの総広告費で大幅に増加しました。イラスト1参照

選挙期間中の政府・政治機関の広告費総額のうち、最も貢献したのは大統領・副大統領候補で総額は2,066億ルピー、次いで一般選挙管理委員会(KPU)で932億ルピーでした。このカテゴリーで3番目に大きな広告主は、920億ルピアの支出を記録した立法府の候補者たちである。4位と5位は、Partai Persatuan Indonesia(607億ルピア)とPartai Solidaritas Indonesia(515億ルピア)であった。

総選挙はテレビ視聴者から好評を博した

総選挙管理委員会(KPU)が5回開催した大統領選挙(ピルプレス)討論会は、前回2014年の選挙期間中にテレビで放送された討論会を上回る視聴者を獲得しました。ニールセンのテレビ視聴者測定(TAM)の結果、2019年に大統領選挙討論会イベントを放送するテレビ局が増えたことに加え、今年の大統領選挙討論会も67.9%の視聴者リーチを獲得し、2014年のもの(62.9%)より大きいことが明らかになった

視聴率で見ると、2014年に比べて今年は討論番組を放送するテレビ局の数が多いため、2019年の大統領選挙の5つの討論会はかなり高い総合視聴率の数字を獲得した。2019年の最高視聴率は2回目の討論会、すなわち大統領候補討論会ジョコウィ対プラボウォで18.8%であった。実際、2019年4月17日の選挙日から2日以内に、総選挙に関連する番組は、4月18日に13.2%、4月19日に13.8%と、依然としてかなり高い視聴率を獲得している。

"2019年第1四半期を通じて、政府・政治部門の広告の貢献度は5.5%でしたが、2019年3月24日から4月13日までだったKPUによって許可されている選挙キャンペーン期間では、政党広告は広告費全体の12%に達しました。これは、政党が依然として認知度向上とブランディングにおけるマスメディアの強みを信じていることを示しています」とニールセンメディアのエグゼクティブディレクター、ヘレン・カタリーナ氏は述べました。「また、選挙関連番組の高視聴率は、11都市のテレビ視聴者が、選挙の始まりから投票日後まで、ニールセンについて に非常に熱心であることを示しました。今年の総選挙は、人々の関心がより高まっていると言えるでしょう。"

11都市でのニールセンTAM調査でも、選挙当日は視聴者がテレビを長く見る傾向があり、平均5時間30分(通常時比+12%)であることがわかりました。この傾向は、選挙期間中に放送される「Quick Count」という番組によってももたらされています。図2参照

視聴者属性では、選挙当日は、有権者の視聴率も平時と比べ、すべての年齢層、社会経済層で上昇しました。年齢別では、50代以上の視聴者が17.7%と最も高く、中間層の視聴者が14.3%で最も高い。

*****

図1 「政府・政治機関」カテゴリーにおける広告主トップ10

図2 2019年選挙当日のテレビ視聴者数

ニールセンについて ニールセンアドインテル

広告費情報は、インドネシアの広告活動をモニタリングしているアド・インテルのデータから引用しています。2018年の広告モニタリングは、全国テレビ局15社、新聞98紙、雑誌・タブロイド65紙を対象としています。広告費の数値は、割引、ボーナス、プロモ、パッケージ価格などを計算しない、グロスレートカードに基づくものです。

ニールセンについて ニールセン・タム

Nielsen TAM in Indonesiaは、インドネシア11都市(ジャカルタ、バンドン、ジョグジャカルタ、スマラン、スラカルタ、スラバヤ、デンパサール、メダン、パレンバン、マカッサル、バンジャルマシン)の5歳以上の8000人以上の視聴者を対象に、すべての国営テレビの視聴状況を測定しました。測定結果は、レーティング、シェア、インデックス値で表示されます。

Nielsen Ad Intel Studyにご興味のあるお客様は、お近くのNielsen代理店にお問い合わせください。

Nielsen Ad Intel Studyに興味のある非クライアント様は、nielsen.indonesia@nielsen.comまでメールをお送りください。