本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

8%である。クロスプラットフォーム広告のパワーを解き放つ

2分で読めるシリーズ|2014年5月

現在、ビデオ視聴の大部分は従来のテレビが占めており、今後もしばらくはそうであると思われますが、オンラインとモバイルが成長しているところです。2012 年第 4 四半期から 2013 年第 4 四半期にかけて、消費者がオンライン・ビデオを視聴する時間は 30%増加しました。テレビとデジタルを一緒に管理することで、広告主は、リーチする顧客を最大化したり、スクリーンを越えて重要なメッセージを強化することができ、真のインパクトをもたらす可能性を持っています。

当然のことながら、広告主は複数のスクリーンにまたがるキャンペーンの統合が重要であり、今後さらに重要になると考えていますが、これらのキャンペーンが成果を最大化するための効果はまちまちです。具体的には、Nielsen Cross-Platform Campaign Ratingsによって測定された45のキャンペーンを最近分析したところ、大多数の広告主の「統合」されたテレビとオンラインキャンペーンは、テレビとオンライン広告を別々に計画した場合よりも良い結果を得ることができなかったことが判明しました。

平均して、これらの統合キャンペーンは、テレビとオンラインの両方を通じて意図した視聴者のわずか7.6%にしか到達していません。この結果は、広告主が各スクリーンに向けて個別にキャンペーンを計画した場合に予想される、完全にランダムな重複(7.0%)とほとんど変わりません。これは、真の機会損失を浮き彫りにしています。

Nielsenの調査によると、希望するTVやオンラインの視聴者をより正確に特定した上で、プランニング 、慎重に実行することで、マーケターはより多くの費用をかけたり、費用の組み合わせを変更することなく、平均8%以上のリーチを創出したり、大幅に高い頻度を達成したりすることができます。

投資収益率は、すべてのマーケターが広告支出において最優先する事項であり、企業はメディア間の相乗効果を最大限に活用する能力を習得するために迅速に行動する必要があります。クロスプラットフォーム広告のコードをいち早く解読した企業は、競合他社に大きな差をつける経験を積むと同時に、広告費から最大限のリターンを得ることができるだろう。

このトピックに関するその他の考察は、ニールセンのWhat's Nextシリーズの最新版、"Unleashing the Power of Cross-Platform Advertising" をクリックしてご覧ください。

ja