本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

この年末年始、子供たち(そして大人たち)の頭の中ではゲーム機が踊っています。

2分で読めるシリーズ|2014年11月

ほんの年前まで、子どもたちのクリスマスプレゼントのトップはiPadとiPodでした。しかし今年は、子供も大人もより大きなものを求めています。今年最も注目されるビデオゲームへの興奮が、次世代ゲーム機への欲求を高めているのです。Nielsen Gamesの調査によると、今後6ヶ月以内に少なくとも1つのビデオゲームプラットフォームを所有することに、子供とティーンは非常に強い関心を示しています(それぞれ86%と70%)。また、42%の大人がこのゲームトレンドに参加することに関心を持っています。

ビデオゲームは、驚くなかれ、子供と十代の若者が最も多く利用しています。6歳から12歳の子供の90%があらゆるコンソールやデバイスでビデオゲームをプレイすると答え、13歳から17歳の10代の子供の88%がゲームをしていると答えています。しかし、大人も負けていません。18歳以上の62%が、あらゆるタイプのデバイスでゲームをすると答えています。では、このホリデーシーズン、あらゆる年齢の子供たちはどんなデバイスを望んでいるのでしょうか?

6歳から12歳の子供たちは、「プレイステーション 4」(回答者の37%)と「Xbox One」(37%)を同じくらい欲しがっており、任天堂の「Wii U」への興味はそのすぐ後に迫っています(33%)。同様に、10代の若者の36%がソニーの「プレイステーション 4」を、35%がマイクロソフトの「Xbox One」を熱望しています。しかし、13歳から17歳では、Wii Uシステムに興味があると答えた人はわずか17%でした。そして、18歳以上のアメリカの成人では、3つのシステムの間の広がりはさらに大きくなり、21%がPS4に、16%がXbox Oneに、12%がWii Uに興味を示しているのです。

しかし、ゲームへの関心が高まっているにもかかわらず、多くの人が今年はより大きな賞品であるスマートTVに目を向けています。18歳以上の消費者の23%が、今後6ヶ月以内にスマートTVを購入することを希望しています。また、10代の若者の間では、スマートTVは3番目に人気のある家電製品ですが、この若者の28%がスマートTVの購入を心待ちにしています。

最新のゲーム機の向こう側で、子供たちの関心はより小さいながらもゲームに向けられています。ゲームアプリは無限にありますが、技術に詳しい子供たちの多くは、今年もタブレットを手に入れたいと考えており、31%がiPadを、26%が他のタブレットブランドを希望しています。ティーンエイジャーもiPadに興味を持っていますが(21%)、それ以上にスマートフォンかiOS携帯を希望しています(38%)。

ゲーム機に対する幅広い年齢層の消費者の関心は、ゲーム業界にとって良い兆しです。しかし、新しいデバイスの急速な登場は、これらのゲームの遊び方を変えつつあります。プレイステーション TV、OUYA、ゲームスティックなどのマイクロコンソールの登場は、第7世代ゲーム機のライフサイクルが終了し、ゲーム機への関心が低下していることと重なります。また、「外出先でのゲーム」という観点では、携帯電話やその他のモバイル機器をゲーム機の代替品として捉える消費者が増えているため、携帯ゲーム機への関心は低下し続けています。

コンシューマエレクトロニクス、ゲーマー、コンソールのダイナミクス、ゲームや幅広いエンターテイメントカテゴリにおける時間とお金の配分に関する詳細な情報は、2015年第1四半期に発売される年次ニールセン360°ゲームレポートに掲載されます。