本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

データベース若者、デジタル、ソーシャル - 今日のヒスパニック系消費者とのつながり

2分で読めるシリーズ|2018年9月

第15話

 

ヒスパニック系の消費者は、若く、デジタルに接続し、社会的な活動をしています。ブランドやマーケティング担当者にとって、この重要かつ成長中の消費者層とつながりを持つには、今すぐ行動を起こす必要があります。そしてテクノロジーとコミュニティの価値を活用することが、現在そして将来のヒスパニック系消費者との関わり方において、大きな役割を果たすことになるでしょう。

米国におけるラテン系住民の平均年齢はわずか27歳です。一方、非ヒスパニック系白人の平均年齢は42歳です。その若さゆえ、ヒスパニック系は人口の18%に過ぎないにもかかわらず、米国における人口増加の大部分を牽引している。また、世帯収入の中央値は現在5万ドルですが、この層が年齢を重ね、キャリアを積んでいくにつれて、この数字は着実に増えていくはずです。

このようにますます力を増している消費者とつながりを持ちたいと考えているブランドにとって、オンラインは前進する方法です。ラテンアメリカ人は年齢の中央値が若いため、多くの人がデジタルネイティブとして育っています。その結果、他の人口層よりもテクノロジーを利用する傾向があります。当社の最新レポートによると、18歳以上のヒスパニック系住民は、非ヒスパニック系白人に比べて、スマートフォンを所有する傾向が9%、ゲーム機を所有する傾向が11%、スマートウォッチを所有する傾向が13%高いことが判明しています。

良いニュースは、ラテン系の人々が他のどの消費者グループよりも早くテクノロジーを受け入れ、ソーシャルメディアと一緒にデバイスやアプリを使って、自分たちの価値観やコミュニティを受け入れてくれるブランドと関わりを持とうとしているということです。

このエピソードでは、今日のラテン系消費者について、彼らの人口統計、言語嗜好、テクノロジーの使用状況、そしてブランドがどのようにして彼らと真の意味で関わることができるかを探ります。また、ヒスパニック系消費者との関係構築におけるデータの役割についても考察しています。

今回のゲストは、ニールセンの戦略的イニシアティブおよび消費者エンゲージメント担当副社長のステイシー・デ・アルマス、AT&T ラテンアメリカの Vrio 部門の企業広報責任者でニールセンのヒスパニック・ラティーノ諮問委員会のメンバーでもあるノレリー・ガルシア、そして HOLA として知られるヒスパニック行動指導者組織の共同リーダー、アンドレア・ピシエンタとケリー・キャステロンが参加しています。

他のエピソードをお探しですか?SoundCloudiTunesGoogle PlayまたはStitcherでThe Databaseを購読してください。