本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

雑誌、"彼女 "にしがみつくこと

5分で読めるシリーズ|方寧,尼爾森媒體研究|2014年12月号

近年、インターネットの普及と利便性は人々の日常生活を大きく変え、メディア接触行動にも影響を及ぼしている。Nielsen Media Survey」と「Internet Survey NetWatch」のデータを通じて、2010年、台湾の12歳から65歳の人々の51%が昨日インターネットを利用し、その割合は今も年々増加していることが確認されています。2014年上半期には65%を超え、その比率はさらに急速に高まり、2014年上半期には56%に達しました。

インターネットのブームと比較すると、紙媒体の雑誌の有料読者(定期購読、店頭購入)の割合は、2010年の15.9%から2014年上半期には11.3%に減少、非有料チャネル(レストラン、カフェ、会社、学校) 、美容院など)も微減している。2010年、非有料チャネルで雑誌を読む人の割合は34.6%、2014年上半期は30.5%であった。

したがって、紙の雑誌の読者のロイヤリティをいかに安定させ、高めていくかが最重要課題である。本レポートでは、消費者行動の観点から、どのような人が紙の雑誌を好み、お金を払ってまで購入するのかを探ろうとするものである。率先して購入する読者層は、ライフスタイルを観察する。近年のオンラインメディアの発達と相まって、バーチャルとリアルの融合がメディア産業の次の焦点になると考えられている。そこで、本レポートでは、この有料読者層のクロスメディア利用行動や、雑誌とインターネットの情報・商品への注目度、嗜好性の違いを探り、雑誌社や広告代理店が読者管理やクロスメディア統合マーケティング活動を行う際の参考となるような調査を試みている。

有料雑誌の読者は女性が多く、年齢は25~44歳に集中している。高学歴で消費意欲の高い層が多い。

まず有料雑誌の読者層を見てみると、ニールセンについて 女性が男性より 54% 多い。15-65歳の台湾人を10歳ごとに分けると、25-44歳が60%近くを占め、雑誌有料化の最重要層となり、そのほとんどが労働者であることがわかる。また、70%近くが大卒以上であり、読者構造も高月齢層への傾倒が見られる。(この読者構成は、台湾の雑誌市場をベースにしたものです。異なる雑誌の種類で分析すると、読者の姿は異なる)

25-34歳の女性読者は自立しているが、他人を気遣いニールセンについて 孤独を感じやすい
35-44歳の女性読者は多様な情報を積極的に受け入れ、価格を重視する賢い消費者
「ニールセン ライフスタイル調査」によるこのグループの分析を通じて、彼らと雑誌有料購読行動の関係性を、様々なレベルの自己認識態度で考察している。性別や年齢の違いは、必然的に情報嗜好や生活価値観の違いにつながるため、本報告では、特定の民族集団「25-44歳女性」を観察対象とし、25-34歳と35-44歳に分けて考察する。層、つまりライフサイクルの異なる女性を観察対象とし、同年代の一般女性との比較検討を行う。INDEX値を分析対象とし、INDEX値が100以上の場合、有料雑誌の読者は同年代の一般女性よりもその傾向が強いということになります。

25~34歳の女性読者。 社会進出したばかりのライフステージで、7割が働く女性であり、既婚者は5割弱。様々なメディアや生活情報(金銭管理、医療、テクノロジー、ショッピングなど)の収集・習得に精通しており、商品広告も彼女らにとっては有効である。ただし、このグループは同年代の女性よりも、ニールセンについて 他人に気を遣うという特徴を持っています。目、注目されたいという欲求があり、注目を集めるため、あるいは自分のステータスを示すために何かを購入する可能性が高いグループである。自分では自立しているつもりでも、慣れない環境では人や物が苦手なこともある。したがって、彼らとの帰属意識を高め、親族や友人同士のおしゃべりの話題をいかに提供するかが、この25〜34歳のグループとのコミュニケーションになるのです。女性誌読者のコミュニケーションの架け橋に。

35~44歳の女性読者には3つの特徴があります。

(1)7割以上が母親である。子供がまだ小さいうちは、いかに「オープンソースで支出を減らすか」が重要で、同年代の女性よりも金融情報に注意を払い、賢い消費者層でもあることが推察される。 広告宣伝の上手な手頃な商品を探している人にとっては、魅力的な存在かもしれない。
(2)この民族のもう一つの特徴は、オープンで受容的なメンタリティーを持っていることです。様々な生命体に共感する割合が有意に高いことに加え、新しいことに挑戦することが好きで、同年代の女性よりも新しいことに挑戦する傾向があります。冒険や興奮を好む、他の人が使っていない新製品を使う、芸術活動に参加する、様々な情報を積極的に読み込む。
(3)新しいものに積極的に触れる若い女性層であるため、消費する際に専門家や著名人、親族・友人によるシェアへの受容性が高く、意見や商品体験談を共有するクチコミ発信者層でもある。

ニールセンについて このような主要雑誌の愛読者層の情報入手に対する熱意や、年代別の消費意識・情報嗜好を把握したい方は、右欄の「レポートダウンロードを申し込む」をクリックしてください。

ja