本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

スポーツメディアの一年」レポート2014

1分で読めるシリーズ|2015年2月

今年の「Year in Sports Media」レポートでは、消費者のスポーツに対する世界的な愛着が高まり続けていることが強調されています。2014年は、ソチ冬季オリンピックに始まり、史上最もエキサイティングなワールドカップが開催され、スポーツにとって大きな年でした。

これらのビッグイベントとモバイルアプリやデバイスが世界中に普及したことで、2014年はモバイルでのスポーツ消費が真に主流となった年でした。2013年から2014年にかけてのデジタルビデオ視聴の伸びは、若い消費者の間だけでなく、驚異的としか言いようがありません。18-34歳の消費者は、2013年第2四半期から2014年第2四半期にかけてデジタル視聴が53%増加しましたが、35-49歳と50-64歳の消費者の間では、それぞれ80%と60%というさらに驚異的な伸びを示しました。ファンは、さまざまなデバイスを使用して、さまざまな方法でスポーツコンテンツの消費を増やし、関与し続けています。

テクノロジーの影響力を追跡する

2008年当時、スマートフォンはまだ生まれたばかりの技術でした。しかし、2010年末には、米国での普及率は30%に上昇しました。現在では、スマートTVやタブレット端末の急速な普及に加え、75%という驚異的な普及率に達しています。

ja