本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

カナダのモバイルウォレットユーザーがモバイル決済のトレンドになる

3分で読めるシリーズ|2017年2月

カナダ人は、日常生活で商品を調べたり、買い物をしたりする際に、積極的にモバイル端末を利用しています。また、カナダでは、実際のプラスチックカードの代わりにスマートフォンやタブレットを使って買い物をしたり、ポイントを貯めたりするモバイルペイパーが増えています。

その結果、モバイル機器は、非常に複雑な金融業界を変革し、これまで以上に多くの貯蓄や決済の方法を生み出しています。モバイル決済の分野は急速に進化しており、従来の金融機関、小売業者、ハイテク大手、小規模な新興企業すべてがこの分野に参入しています。その結果その結果、消費者が多忙な生活の中で自分に合ったサービスやアプリを選択できるダイナミックな環境になっています。

携帯電話を使った食事やサービスの支払いから、送金、クレジットカードやデビットカード、搭乗券、ポイントカードの情報をデジタル形式で携帯端末に保存するモバイルウォレットの利用まで、モバイルペイパーにとっての選択肢は多岐にわたります。最近のニールセンの調査では、モバイル・ペイパーがどのようにサービスを利用しているか、特にモバイル・ウォレットとして最も多く利用しているのは誰かを調べています。

特にスマートフォンユーザーに注目すると、29%がスマートフォンをモバイル決済システムとして積極的に利用している。これらのモバイルペイパーにおけるおサイフケータイの認知度は99%と世界共通ですが、日常生活でおサイフケータイを利用しているのは57%にとどまっています。モバイルウォレットを使用している人のうち、13%は可能な限り主要な支払方法として使用しており、44%は二次的な支払方法として使用しています。しかし、小売業者、開発業者、銀行、メーカーは、現在モバイルウォレットを使用していない人々(43%)に注意を払う必要があります。カナダのスマートフォンによるモバイルペイパー(現在おサイフケータイを使用していない人)の67%は、今後6ヶ月以内におサイフケータイのユーザーになる、またはなる予定であることがわかりました。

カナダ全土のモバイル・ペイパーは、おサイフケータイのユーザーとなることに前向きです。彼らは常に生活の煩わしさを軽減したいと考えており、お財布とスマートフォンを併用できることも例外ではありません。モバイルペイヤーの4分の3(76%)が、現在加入しているポイントプログラムでモバイル決済が可能になれば、おサイフケータイに切り替える気になると答え、次いで75%が、より多くの加盟店でモバイル決済が可能になれば、やる気になると答えています。同様に、74%は、ポイントプログラムとモバイルウォレットが統合され、ポイントをすぐに利用できるようになることを希望しています。

今日のスマートフォンはあらゆる世代に普及しており、その人気は衰えることを知りません。近い将来、おサイフケータイに移行する予定のスマートフォンユーザーの数は、カナダの銀行、小売業者、航空会社にとって大きなビジネスチャンスとなります。消費者のおサイフケータイへの移行を支援し、モバイル決済を一般的に普及させるために、アプリ開発者/所有者や携帯電話メーカーは、安全性の証明を提供し、おサイフケータイを日常生活に取り入れる必要性、関連性、利便性を示すことで懸念を解消することができます。

メソドロジー

Nielsen Canadian Mobile Walletシンジケート調査は、2016年8月22日から9月16日にかけて、18歳以上のカナダの回答者2,009人を対象に英語とフランス語でオンラインフィールド調査を行いました。調査の対象となる回答者は、以下の基準でスクリーニングされています。過去30日以内にモバイルデバイス(スマートフォンまたはタブレット)を使って支払いをしたことがあること。