本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>多様性

言語と人口統計データだけでなく、多文化なヒスパニック系消費者を測定する

3分で読めるシリーズ|2015年9月

ヒスパニック系に焦点を当てた戦略を採用されているマーケティング担当者の方に質問です。ヒスパニック系多文化消費者を視野に入れていますか?もしそうでないなら、そうすべきです。ヒスパニック系住民のサブグループは、米国のヒスパニック系人口の 44% を占め、米国のヒスパニック系購買力の 45% を占めているため、このサブグループに対する洞察がキャンペーンの成功に不可欠となる可能性があります。

バイカルチュラル・アイデンティティとは、2つの文化の中で機能し、両方の世界の長所を受け入れる能力を持った自分自身であるという状態です。バイカルチャーの消費者は、今日の多様な市場においてユニークなセグメントです。ヒスパニック系のマーケティング投資を最大限に活用するためには、バイカルチャリズムのダイナミクスと、それが消費者や買い物客の行動に及ぼす影響を理解することが不可欠です。

ヒスパニック系消費者を特定するには、言語や人口統計データだけでなく、大きな価値と機会があります。ニールセンとカルチュラティは 共に新境地を開拓し、ヒスパニック系消費者の新しい見方や測定の方法を確立しています。最近発表されたNielsen-Culturati Hispanic Panel Segmentation により、マーケティング担当者は、バイカルチャーやその他の主要なヒスパニック系セグメント別にブランド成果を追跡し、主要な成長機会を特定できるようになります。この新しいコラボレーションは、ニールセンの家庭用パネルデータの力と、Culturati の態度や価値観に基づいた米国ヒスパニック系セグメンテーションモデルの深い理解を融合させたものです。

ヒスパニック系消費者の測定が、言語や人口統計だけでなく、態度や価値観などの重要な要素にまで拡大され、買い物客や消費者の行動の背後にある動機を明らかにできるようになったことは、非常に喜ばしいことです。このモデルは、ブランドがメッセージングとマーケティング戦略を調整し、より関連性を高めるために役立つよう設計されています。

「この新しいセグメンテーションは、ヒスパニック系消費者にアピールしようとするお客様にとって、重要なツールとなるでしょう。「これによってマーケティング担当者は、適切なマーケティングプラン、店頭プログラム、コミュニケーション戦略を策定し、ヒスパニック系マーケティングへの投資を最大限に活用できるようになるでしょう。

ニールセンのヒスパニック系家庭用パネルでは、4 つの主要な態度ベースのセグメントを使用して、マーケティング担当者が今日の米国のヒスパニック系の現実をより深く理解できるようにする予定です。これらの4つのセグメントには、以下のものが含まれます。

  • ラティニスタ(文化的ヒスパニック)は、非常に伝統的でヒスパニック中心であり、文化の融合に最も重点を置いていない。ラテニスタの3分の1は2世と3世で、半数以上がスペイン語を好みますが、必要に応じて英語を使うことができます。
  • ヘリテージキーパー(バイカルチュラル):やや進歩的ではあるが、ヒスパニック系を中心とし、自分たちの遺産を守ることに重点を置いている人たち。大半(86%)のヘリテージキーパーはヒスパニック系一世で、スペイン語で話すことを好みます。
  • SavvyBlenders(バイカルチュラル)は非常に進歩的で、多様性を受け入れ、自分たちの伝統を守ることと文化を融合させることの両方に重点を置いています。Savvy Blendersはバイリンガルで、彼らの言語の好みは非常に状況的です。このセグメントは49%が2世である一方、1世が29%、3世が22%と多様性に富んでいます。
  • ヒスパニックの伝統を薄めた進歩的なアメリファン(文化的にアメリカ人)であり、平均的な主流消費者に最も近い存在である。大多数(82%)は2世または3世で、英語での会話を好みます。

「このセグメンテーションモデルがユニークで、より実用的なのは、言語や人口統計だけでなく、態度や価値観に基づいている点です」と、Culturati の社長 Marissa-Romero Martin 氏は述べています。と、Culturati 社の社長 Marissa-Romero Martin 氏は述べています。「これにより、マーケティング担当者は、米国ヒスパニック市場の現実をより正確に反映した洞察を得ることができます。これは、ラテン系がもはや市場の一部ではなく、消費者空間における重要なプレーヤーであることを認識しているブランドにとって、貴重な知識です。ヒスパニック系の視聴者とつながりを持つことは、すべてのブランドにとって、今後 10 年間の成長を目指す上で非常に重要なことです。