本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

アダルト・コンテンポラリー・ラジオのホリデー・ミュージックは毎年大きくなり続けている。

2分で読めるシリーズ|2019年1月号

新年へのカレンダーの変わり目で焦点が変わるため、直近のホリデー・シーズンは記憶から薄れていることでしょう。しかし、ラジオの聴取に関して言えば、2018年のホリデーシーズンは、「オール・クリスマス」フォーマットを放送するアダルト・コンテンポラリー(AC)局にとって、またしても記録更新となることが判明したのです。2018年12月6日から2019年1月2日までの期間を対象としたニールセンのホリデー・ブック・ポータブル・ピープル・メーター(PPM)視聴率の発表によると、ホリデー音楽に対する欲求-特に他のどのフォーマットよりも「オール・クリスマス」を行う傾向にあるAC局において-が年々高まり続けていることが確認されています。

ここ数年、視聴者数を増やし続け、現在ではPPM市場全体で年間を通じて最も多く聴かれているフォーマットとして(News/Talkに次いで)第2位となっているACフォーマットは、2017年に休日調査時の視聴者シェアで記録を更新しました(6歳以上のリスナーにおけるAQHシェア13.9%)。ACはその後、2018年にそのパフォーマンスに続いて、PPM測定下のフォーマットとしては過去最高の数字となる14.3%のシェアを叩き出し、さらに新記録を打ち立てました。

同時に、年末年始の音楽がラジオで流れ始めると(通常、感謝祭の頃)、リスナーの習慣や消費者の嗜好が変化するため、すべての主要な音楽フォーマットに影響を及ぼします。歴史的に見ると、ACは年末に最も視聴者シェアを伸ばすフォーマットですが、他のフォーマットは横ばいか、ラジオの視聴者がその時期のホリデー番組に移行したり、ホリデー番組から離れることで減少することさえあるのです。

2018年の結果は、長年にわたって蓄積された過去の傾向を反映したものでした。ACの視聴者シェアは昨年、わずか2カ月で86%増加し、下のグラフは11月本とホリデー本との視聴者シェアの変化をマッピングしています。ACとソフトACが最も増加し、カントリー、メキシカンリージョナル、ポップコンテンポラリーヒットラジオ(CHR)は「オールクリスマス」ミュージック周辺で最も減少しました。

この記事で使用されているデータは、多文化なオーディエンスを包括しています。ヒスパニック系消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。