本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

トータルコンテンツ視聴率(TCR)-段階的なリリース計画-に関する声明

6分で読めるシリーズ|2016年9月

2017年3月1日の「トータルコンテンツ視聴率(TCR)」に関する声明は、こちらをご覧ください。

ニューヨーク州ニューヨーク - 2016年9月19日 - ニールセンは今年初めから、ニールセンのTotal Audience測定システムの導入について、テレビ局や代理店の大手クライアント25社で構成されるSenior Research Councilのメンバーと定期的に会合を開いています。我々は、評議会から提供された意見と、我々がTotal Audience測定を市場に投入する方法についてのフィードバックに非常に感謝しています。

現在、数十のテレビおよびデジタルメディアブランドが、Total Audience測定のコンポーネントを有効にしています。ニールセンは、この評価期間中、クライアントとビジネス機能の垣根を越えて協働しています。クライアントがコンテンツ、番組、配信に関する意思決定をするために、また広告プランニング や決済のための通貨として当社の測定基準を使用しているため、この作業の厳密さの重要性を過小評価することはありません。

お客様のご要望にお応えして、ニールセンはトータルコンテンツ視聴率(TCR)のツールやデータを段階的にリリースするスケジュールを開始しました。

  • 2016年8月1日です。トータルコンテンツ視聴率(TCR)ツールセットは、参加するすべてのパブリッシャーが他のパブリッシャーのデータを見ることができるようになり、評価における重要なマイルストーンとなりました。
  • 2016年第4四半期参加出版社のリリースは継続されます。また、ニールセンは一部のデータを代理店や報道機関に公開する予定です。
  • 2017年1月1日よりトータルコンテンツ視聴率(TCR)ツールセットは、パブリッシャーに加え、エージェンシーにも提供されるようになる予定です。 ニールセンは、今後も一部のデータを報道関係者に提供します。
  • 2017年3月1日にトータルコンテンツ視聴率(TCR)ツールセットは、すべてのニールセンのクライアントが利用できるようになります。

この多段階のリリース計画により、参加出版社、そして代理店は、3月の最終リリース段階の前にデータを評価することができます。現在から2017年3月1日までの間、アクセス権を持つクライアントは内部目的でのみデータを使用することができます。3月からは、すべてのクライアントが、ビジネスニーズをサポートするためにデータを外部で使用できるようになります。

「A&E Networksでは、オリジナル番組への投資により、様々なプラットフォームでネットワーク・ポートフォリオを成功に導いてきました」とEVP Research & AnalyticsのDon Robertは述べています。「NielsenのTotal Audience Measurementとそのフレームワークによって、私たちはそのサクセスストーリーを語り始め、単なるリニアな体験を超えて視聴者についてより深い洞察を得る機会を得ることができるのです」と述べています。

「トータル・オーディエンスは視聴者測定の進化を示すものであり、クロスプラットフォームのコンテンツと広告を正確に測定する上で業界が長年抱えてきた課題に対処するものです。我々はトータル・オーディエンスを導入し、ニールセンと協力してデータを評価し、それがどのように新しいマルチプラットフォーム消費者を反映し、我々のビジネスの将来に影響を与えるかを理解しています」とAMC Networks社のSVP Research、Tom Ziangasは述べています。

「CBSのコンテンツは、複数のプラットフォームやデバイスで消費されています」と、CBSコーポレーション最高調査責任者兼CBS VISION社長のDavid Poltrackは述べています。「我々は昨年からNielsenとTotal Audienceについて密接に協力しており、これまでの結果には満足しています。我々はデータを評価し、市場、我々の番組、広告パートナーへの影響を検討する過程に深く関わっています。我々はデータのシンジケーションスケジュールを支持しており、近い将来、さらに多くのプラットフォームで測定を拡大するためにニールセンと協力できることを楽しみにしています。"

「NielsenがTotal Audienceサービスの一部としてトータルコンテンツ視聴率(TCR)を作成する際、クライアントとそのパートナーは、既存のNielsen測定値に対する測定値の算出方法と、現在測定されていないプラットフォームでの視聴を含めることを評価する時間の両方を検討し理解するために、必要な時間が必要です。 私たちは、この新しいデータの評価において、表現される市場の整合性を確保するための規則的なスケジュールをサポートします」と、Disney/ABC Multiplatform ResearchのVPであるLisa Heimannは述べています。

「ニールセンは視聴者総数測定への正しい道を歩んでいますが、これは複雑で協力的な取り組みであり、進化するプラットフォームへの実装を成功させるためには忍耐強く慎重なアプローチが要求されます。新しいコンテンツ視聴率測定スケジュールは、そのプロセスを完了し、結果を評価し、最良の結果を得るために必要な時間を与えてくれます」と、ESPN, Inc.のグローバルリサーチ&アナリティクス担当SVP、Arti Bulgrin氏は述べています。  

「NielsenのTotal Audienceは、共通の購買指標とプランニング のクロスプラットフォーム測定を実現することで、プレミアムテレビのコンテンツと広告がどこで消費されたかにかかわらず、視聴者と注目度の真の規模を伝えることを可能にする重要な前進と言えます。今日、私たちはニールセンと協力してデータの成果物を作成し、トータル・オーディエンスのシンジケーションとそれが業界に示す新しいパラダイムを楽しみにしています」と、FOX NetworksのEVP Sales Research Insights & StrategyであるAudrey Steeleは述べています。

「FX Networks の EVP Research である Julie Piepenkotter 氏は、「Total Audience Ratings は、すべてのスクリーンにわたって当社の番組のリーチと規模を総合的かつ効率的に伝えることができる、強力な前進であると感じています。

「消費者による動画コンテンツの消費はスクリーン間でますます流動的になるため、信頼性が高く一貫性のあるクロススクリーン視聴者指標を可視化することは、クライアントの動画戦略をプランニング 、活性化するために不可欠です。Havas Mediaのビジネスインサイト&インテリジェンス担当EVPであるPeter Sedlarcikは、「Nielsenのトータルコンテンツ視聴率(TCR)は、消費者がいつ、どこで、どのようにコンテンツに関わっているかを明らかにし、マーケターに最高のビジネス成果をもたらす動画戦略を最適化するための重要なデータストリームとなるでしょう」と語っています。

「IPGは、プラットフォームやデバイスにまたがるメディアの最適化に注力しており、これにより、より効果的なマルチスクリーンバイイングとプランニング 。私たちの目標は、クライアントのビジネスにインパクトを与えるような広告を作成し提供することであり、そのためには広告の視聴状況を完全に把握する必要があります。IPGのMagnaGlobalユニットでSVP、Audience Analysis Practice Leadを務めるBrian Hughes氏は、「クライアントが必要とする結果を提供するためのツールキットの一部として、ニールセンのトータルオーディエンス測定が利用できることを楽しみにしています」と語っています。

"今日、私たちはニールセンと、伝統的なメディアとデジタルメディアの測定を様々な形で協働しています。視聴者が多様化し、消費習慣が進化し続ける中、この視聴者を捉えるために協力することが重要です。消費者インサイトの観点から、トータル・オーディエンスから得られるデータは非常に重要であり、このデータがユニビジョン全体でどのように実用化されるかを楽しみにしています」と、ユニビジョン・コミュニケーションズの企業調査担当EVPのジェド・メイヤーは語っています。

ニールセンについて ニールセン

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、消費者が何を視聴し、何を購入するかを総合的に理解するためのグローバルなパフォーマンス管理企業です。ニールセンの視聴部門では、メディアや広告主に対して、ビデオ、オーディオ、テキストなどのコンテンツが消費されるすべてのデバイスを対象としたトータルオーディエンス測定サービスを提供しています。Buy部門は、消費財メーカーや小売業者に対して、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。ウォッチセグメントとバイセグメント、およびその他のデータソースからの情報を統合することで、ニールセンはクライアントにパフォーマンス向上に役立つ分析情報を提供しています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、 www.nielsen.com をご覧ください。