本コンテンツへスキップ
インサイト>パースペクティブ

データ活用とストーリーテリングで差別化を実証する

2分で読める|ニールセンエージェンシーソリューションズ マネージングディレクター デヴィッド・ホーマン|2017年9月号

世界の多くの産業で成長が難しくなっており、政治・経済環境も不安定なため、企業が広告・マーケティング費用を抑制する中、代理店にとってはさらに困難な状況となっています。

マクロ経済の厳しい状況に加え、エージェンシーは統合と競争の激化に直面しており、従来の業界外からの参入も増えています。これらの要素が相まって、代理店には差別化、つまり、他とは違う特別なソースを示すことがより一層重要になっています。そのためには、クリエイティブとストーリーテリングが重要な役割を果たすとともに、データに関する真剣な取り組みと熟練が必要です。

代理店は何よりも、最も現代的な方法でクライアントのニーズに応える必要があり、今日、それはバイヤーベースのターゲティングに適応していることを意味します。オーディエンス・バイイングは、変化を加速させ続けている。広告主は行動ターゲットの購入を希望し、メディアオーナーはそれを販売することを希望しています。ちなみに、これらの差別化されたデータ機能は、多くの場合ニールセンのデータを中核として構築されており、業界最大手のエージェンシーの多くが独自プラットフォームの中で結合組織として機能する強みを持っています。

代理店のマージンが大きく圧迫され続ける中、代理店独自の技術スタックは、ゼロベース予算や広告費削減の観点から不足しつつあるクライアント資金への依存度を高めています。その結果、高品質なサードパーティデータと既製のソリューションに対するニーズが高まり、あらゆる面で常にプレッシャーを受けている代理店に必要なベンチストレングスを提供することになる。このような状況を打開し、ギャップを埋めることができるデータ会社やクラウド会社は、大きな利益をもたらす可能性があります。

良いニュースは、これらのハードルは、解決策がないわけではないことです。代理店は、ニールセンのデータ(テレビとラジオの通貨)、ニールセンのトータル・オーディエンス・フレームワーク、ソフトウェア・ソリューションを使用して、リニアとデジタル両方のプラットフォームにおけるキャンペーンの検索、計画、活性化を行うことができます。さらに、ニールセンは代理店と協力して、新規ビジネスを模索する代理店に短期間の割引ライセンスを提供したり、代理店の広告主クライアントや新規ビジネスの見込み客のニーズを満たすソリューションの共同開発を支援したりしています。

この記事はメディアヴィレッジに掲載されたものです。